2008年10月06日

凱旋門賞10着メイショウサムソン、秋・天皇賞出走も


【パリ5日=宇恵英志】 世界の壁はあまりにも厚かった。欧州の最高峰レース「第87回凱旋門賞」で、日本のメイショウサムソン(栗・高橋成、牡5)は、10着に敗れた。優勝は地元馬で1番人気ザルカヴァ(A・ド・ロワイユデュプレ、牝3)で勝ちタイムは2分2分28秒80(良)。3歳牝馬の優勝は82年のアキーダ以来26年ぶり。日本調教馬として8頭目、武豊騎手は4回目の挑戦だったが、またしても悲願達成は成らなかった。

 日本馬初の凱旋門賞Vを狙ったメイショウサムソンだったが、見せ場も作れずに敗退。ゴールは遠く10着に終わった。

 スタートはまずまずだったが前が塞がる不利などもあり、200メートルほど進んだ地点では、後方から3頭目ぐらいの内めのポジション。その後、淡々とレースは流れ、直線にすべてを託す格好になったが、世界の壁は厚かった。前との差は最後まで詰まることはなく、10着惨敗。3歳牝馬のザルカヴァに6馬身差をつけられてしまった。

 「出だしで両側からはさまれた。あれがすべてだったね。ジョッキーも同じことを言っていたよ」と高橋成調教師は肩を落とした。

 フランス入りしてからは順調そのもの。それよりも現地の環境にピタリと適応したのか、いい感じで当日を迎えたが、現実は厳しかった。

 「難しい競馬だった。前に入られて理想より後ろになってしまった。直線で入るスペースはあったけど、ザルカヴァにはアッという間に離されてしまった」とユタカはレースを振り返った。

 サムソンは年内で引退。来年から北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが決定している。「一応、ジャパンCが目標だが天皇賞(秋)を使うかもしれない」と高橋成師は日本での巻き返しを誓った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081006-00000511-sanspo-horse

メイショウサムソン、10着でしたか
残念ですが、ホント厳しいレースでした
それにしても勝ったザルカヴァ目茶苦茶強かったですよね〜
3歳牝馬とは思えません(汗


posted by マーク2 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

メイショウサムソン 放送
Excerpt: 凱旋門賞10着メイショウサムソン、秋・天皇賞出走も欧州の最高峰レース「第87回凱旋門賞」で、日本のメイショウサムソン(栗・高橋成、牡5)は、10着に敗れた。優勝は地元馬で1番人気ザルカヴァ(A・ド・..
Weblog: ひなぎく純真女学園  リュウコミックス 
Tracked: 2008-10-06 17:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。