2008年12月16日

武豊、21日に復帰濃厚


右腕尺骨骨折で休養中の武豊騎手(39)=栗・フリー=が、今週の競馬(20日は未定、21日は中山競馬)から戦列に復帰することが濃厚となった。

 武豊騎手は11月23日の京都競馬5Rで騎乗馬が3コーナーで骨折し落馬。その際に右腕の尺骨を骨折したが、今月8日には患部のギプスを外すなど驚異的な回復力を見せている。02年にはレース中に落馬して骨盤骨折の重傷で全治3〜6カ月という診断ながら、約2カ月でスピード復帰したという経験もある。当初は17日に川崎で行われる全日本2歳優駿での復帰も考えられていたが、関係者の話を総合すると、万全を期すために今週末からの戦列復帰となった模様。20日の騎乗に関しては未定だが、21日の朝日杯FSではブレイクランアウトに騎乗予定で、レース数はある程度限定すると思われる。翌週の有馬記念にはメイショウサムソンの手綱をとる予定になっている。秋のGIシリーズも大詰め。ラスト2週は武豊騎手の復帰でさらに盛り上がることになりそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081215-00000508-sanspo-horse

武豊騎手、もう復帰って早すぎませんか(笑)
もの凄い回復力ですよね
出ることで有馬記念も盛り上がると思います
まぁ、本音はリーチザクラウンに乗りたいからかもしれませんがw



posted by マーク2 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。