2009年01月27日

ダイワスカーレット、6月に英GI挑戦希望


「2008年度JRA賞授賞式」が26日夜、東京・グランドプリンスホテル赤坂で関係者500人を集めて行われた。

 どの部門に選出されなかったダイワスカーレット(栗・松田国、牝5)だが、生産者の社台ファームの吉田照哉代表は「日本産馬で世界と戦ってみたいというのが以前からの私の目標ですし、プリンスオブウェールズS(6月17日、英ロイヤルアスコット、GI、芝2000メートル)に行きたいというのが私の希望です」と語った。同馬はフェブラリーS(2月22日、東京、GI、ダ1600メートル)からドバイの国際競走に向かう予定だが、出走レースは流動的。フェブラリーSで初めてダートに挑戦するだけに、ワールドC(ダ2000メートル)が有力視されるが、デューティフリー(芝1777メートル)ならウオッカと対決するだけに、動向が大いに注目される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090127-00000506-sanspo-horse

フェブラリーSから始動が決まったダイワスカーレットですが、春はプリンスオブウェールズSも視野に入ってるんですね
日本産馬で海外G1制覇はホースマンの夢でもありますし、英国を驚かせて欲しいですよね



posted by マーク2 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113251974

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。