2009年02月12日

ダイワスカーレット脚部不安、フェブラリーS回避―ドバイも白紙に


2月22日に東京競馬場で開催される冬のダートマイル王決定戦、GIフェブラリーステークスに出走を予定していた昨年の有馬記念馬でGI4勝馬のダイワスカーレット(牝5歳=松田国厩舎)が、脚部不安のために同レースへの出走を回避することが12日、JRAから発表された。
 JRA発表による松田国英調教師のコメントによれば、左前脚の球節に熱があり、球節下部に痛みが出ているという。また、これにより遠征を予定していたドバイワールドカップ(3月28日、ナドアルシバ競馬場2000メートルダート)に関しては、「出走を含め、状況を見て判断したいと思います」とのことだ。

松田国英調教師のコメント
「昨日の一週前追い切りを終えて、左前肢に若干の熱を持っていましたが、疲れからくるものと考えていました。しかし、今朝になっても左前球節に熱があり、腫れもでてきて、球節下部には痛みもでてきました。フェブラリーステークスの出走には支障があるものと判断して、出走を取りやめることにしました。今後についてはドバイへの出走を含め、状況を見て判断したいと思います」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000012-spnavi-horse

ダイワスカーレットがフェブラリーSを回避、ドバイも白紙となりました
昨年に続き今年もですか…
ドバイでスカーレットの強さを見せ付けて欲しかったですけどねぇ
怪我の症状はどのような状態なんですかね
軽ければいいのですが



posted by マーク2 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。