2009年05月04日

カジノドライヴが屈腱炎で重症


ドバイワールドC(首G1)で8着だったカジノドライヴ(牡4、美浦・藤沢和雄厩舎)が、左前浅屈腱炎を発症していることが判明した。

 同馬はドバイからの帰国後、美浦トレセン近郊のミホ分場で休養していたが、歩様に異常が見られたため診察した結果、屈腱炎が判明。1日には福島県いわき市の競走馬総合研究所常磐支所(馬の温泉)に移動した。今後はカネヒキリなどが受けた幹細胞移植手術を受け復活を目指すこととなるが、症状は重く、長期の戦線離脱は避けられない見通し。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090504-00000001-kiba-horse

カジノドライヴが左前浅屈腱炎ですか…
かなりの重症らしく長期離脱となりますが、カネヒキリも克服してG1を制覇しただけにとりあえずは手術の成功をしてもらいたいですね



posted by マーク2 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118611591

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。