2010年09月13日

武豊&ヴィクトワールピサ、凱旋門賞の前哨戦は4着=ニエル賞


今年のGI皐月賞馬ヴィクトワールピサ(牡3=角居厩舎)が12日、GI凱旋門賞へ向けた3歳馬によるステップレース、GIIニエル賞(仏ロンシャン競馬場2400メートル芝)に出走。武豊を鞍上に7頭立ての4着に敗れた。
 道中は5番手を追走し、いったんは最後方まで下げながらも、団子状態となった最後の直線では外から手応え良く進出。先頭にも並びかける勢いを見せたが、ラスト200メートルで脚が止まってしまい、およそ8馬身離された4着に終わった。

 一方、同レースを勝利したのはクリストフ・ルメールが騎乗した今年のGIパリ大賞の勝ち馬ベカバッド(牡3=JC.ルジェ厩舎)。A.クラストゥスが騎乗したフランスダービー2着馬プラントゥール(牡3=E.ルルーシュ厩舎)との一騎打ちを制し、有力候補に名乗りを挙げた。

 なお、世界最強の芝ホース決定戦として位置づけられるGI凱旋門賞は、10月3日にフランスのロンシャン競馬場2400メートル芝で行われる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100912-00000035-spnavi-horse

4コーナーでは手応え良く勝ち負けかと思いましたが
本番での巻き返しに期待しましょう




posted by マーク2 at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。