2010年09月23日

カジノドライヴ、10月帰厩へ


左前脚の屈けん炎のため長期休養しているカジノドライヴ(牡5歳、美浦・藤沢和厩舎)が、10月中にも美浦に帰厩することが20日、分かった。

 同馬は、09年3月のドバイ・ワールドCで8着に敗れた後、脚元に異常が判明。福島・いわきのJRA競走馬総合研究所常磐支所でじっくりと治療に努めていたが、現在は、美浦近郊のミホ分場で乗り込みを始めている。葛西助手は「来月ぐらいに入厩すると、調教師から聞いています。まだ、どこから使うかは決まっていません」と話した。同馬のこれまでの成績は、米国のピーターパンS・G2勝ちを含む8戦4勝。昨年のフェブラリーSでは2着に入っている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000013-sph-horse

カジノドライヴがようやく帰厩するようですね
まだ、5歳ですし層の厚いダート界を賑せてもらいましょう


posted by マーク2 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。