2013年04月24日

キャプテンスティーヴ、死す

日本軽種馬協会の九州種馬場に繋養されていたキャプテンスティーヴが、21日に急性心不全で死亡していたことが分かった。16歳だった。米国産の同馬は、01年のドバイ・ワールドCで優勝(2着はトゥザヴィクトリー)するなど、G1通算4勝。01年に日本に輸入され、02年から昨年まで409頭に種付け。今年も13頭の種付けを終えていた。主な産駒にはアイスドール(船橋クイーン賞3着)がいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130423-00000121-sph-horse

アメリカで種牡馬になってたらもう少し良い産駒が出たかもしれませんね
ご冥福をお祈りいたします
posted by マーク2 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/356963127

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。