2013年04月24日

エアグルーヴ急死!出産後の内出血で…吉田勝己氏「声も出ませんでした」

96年オークス、97年天皇賞・秋を制し、現役引退後はノーザンファームで繁殖牝馬として供用されていたエアグルーヴ(牝20歳)が23日午後11時、北海道安平町のノーザンファーム早来牧場で出産後の内出血のため死亡した。

【写真】1歳馬史上最高額3億6000万円!ラストグルーヴ、新馬戦圧勝デビュー

 現役時代にはG1での2勝を含む19戦9勝の輝かしい戦績を収め、母としてもアドマイヤグルーヴ(03、04年エリザベス女王杯)やルーラーシップ(12年香港クイーンエリザベス2世C)などの活躍馬を輩出。ノーザンファーム代表の吉田勝己氏は「昨晩(23日)8時にキングカメハメハの素晴らしい牡馬を出産しました。そして、母子とも元気な姿を確認して間もなくの訃報(ふほう)に声も出ませんでした。現役時の活躍をはじめ繁殖牝馬として、まさに当牧場で一番の実績を挙げた名馬でした」とコメントを発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000029-dal-horse

今でこそ、牡相手に対等に戦える牝馬が出てもそれほど驚きはありませんが、この馬が出てきた時は衝撃的でしたよね
バブルガムフェローをねじ伏せた天皇賞は記憶に残るレースでした
名馬がまた逝ってしまった
最後の子は、活躍してほしいな 
posted by マーク2 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/357016562

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。