2013年05月02日

ワンダーアキュート、武豊で帝王賞

昨秋のJBCクラシックの覇者ワンダーアキュート(牡7歳、栗東・佐藤正厩舎)は、次走に予定している交流G1の帝王賞(6月26日、大井・ダート2000メートル)に、武豊騎手(44)=栗東・フリー=との新コンビで挑むことが1日、決まった。

 05年タイムパラドックス、09年ヴァーミリアン、11年スマートファルコンと、同レース3勝の実績を誇る名手を迎え、春のダートG1戦線の大一番に臨む。同馬は、19日に栗東へ帰厩。G12勝目に向け、順調に調整を進めている。

 佐藤正調教師「オーナーの希望もあって、武豊騎手に決まりました。目標のレースに向けて、しっかりと仕上げていきたいと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130501-00000151-sph-horse

和田騎手で問題なかったと思うけど、武豊騎手乗せたいと思ってる馬主さんも結構いますからねぇ
これで、豊が勝ったらかっこいいなぁ
posted by マーク2 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。