2013年05月28日

世界のキズナへ!凱旋門賞でオルフェと頂上対決

父ディープインパクト譲りの豪脚を発揮して日本ダービーを制したキズナ(栗・佐々木晶、牡3)は一夜明けた27日、滋賀県栗東トレーニングセンターの自厩舎で元気な姿を見せた。秋には凱旋門賞挑戦と、夢が広がっていく。

 14万人近い大観衆を魅了した80代日本ダービー馬キズナは27日午前0時過ぎに栗東に帰厩し、自厩舎で激戦の疲れを癒やした。

 担当の田重田(たじゅうた)厩務員は「普段のレース後と変わりない。帰ってからカイバをつけても食べたしね。1番人気でプレッシャーはあったので、勝ててホッとした」と笑顔を見せた。

 今週中に鳥取県の大山ヒルズに放牧へ出てリフレッシュする予定。その後は、自己記録を更新する日本ダービー5勝目をマークした武豊騎手とのコンビで札幌記念(8月18日、函館、GII、芝2000メートル)をステップに、凱旋門賞(10月6日、仏ロンシャン、GI、芝2400メートル)に挑む。

 世界最高峰のレース、凱旋門賞には昨年2着のオルフェーヴル(栗・池江寿、牡5)が出走予定で、英国の主要ブックメーカー(公認の賭け屋)では27日現在、6倍程度で1番人気。日本からは昨年の年度代表馬ジェンティルドンナ(栗・石坂正、牝4)も挑戦する可能性がある。

 先輩クラシックホースとのパリでの初対決が、今からおおいに注目される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000505-sanspo-horse

函館の札幌記念をステップですか
追い込み届くかなぁ
2着あたりに敗れて遠征取り止めとかやめて欲しいなぁ
posted by マーク2 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364166626

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。