2013年05月31日

フィフスペトルも安楽死、追い切りで骨折

安田記念に出走を予定していたフィフスペトル(牡7歳、美浦・加藤征厩舎)は30日、美浦トレセンで追い切った際に骨折を発症。安楽死となった。

 ウッドチップコースの最後の直線。スピードに乗ったラスト200メートル付近で走りが乱れ、ゴールを過ぎて馬を止めた。馬運車でトレセン内の診療所に運ばれたが、左第一趾骨粉砕骨折のため、予後不良と診断された。

 突然のアクシデントとあって、管理する加藤征調教師の表情には、大きなショックがうかがえた。「残念ですが、仕方がない。2歳戦から息の長い競走生活を送ってくれたし、体調の変動もなく頑張ってくれた。気力、体力ともに、まだ走れる状態だったので残念です」。29日、鳴尾記念を目指して栗東で追い切ったG1馬ジョワドヴィーヴルが、同じく骨折のため予後不良になったばかりだけに、トレセン内に与えた衝撃は大きかった。

 同馬は、JRA通算28戦5勝。重賞は、08年函館2歳S、11年京成杯オータムHを優勝し、G1・2着が2度あった(08年朝日杯FS、11年マイルCS)。総収得賞金は、2億5373万5000円。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000188-sph-horse

事故が続きますよね
重賞勝ち馬が連続で事故って…
posted by マーク2 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。