2013年06月13日

オルフェーヴルが宝塚記念回避決定、追い切り後に運動誘発性肺出血を発症

13日、今月23日に阪神競馬場で行われ注目の「4強対決」・宝塚記念へ出走を予定していたオルフェーヴル(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)が、同レースへの出走を回避することが明らかとなった。

 オルフェーヴルは、けさ栗東トレセンで池添謙一騎手が跨っての宝塚記念1週前追い切りを行ったが、調教後の息遣いがよくないことから検査を行ったところ、EIPH(運動誘発性肺出血)を発症していることが判明したという。

 同馬は昨年に続く宝塚記念連覇を目指していたが、1週前にして急遽の回避が決定。今後はノーザンファームしがらきへ放牧に出された上、凱旋門賞再挑戦プランなどについても改めて検討される見込み。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000002-kiba-horse

これは残念すぎる
凱旋門賞は、なんとなく回避しそうな感じですよね
posted by マーク2 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。