2013年07月09日

ジェンティルドンナ秋は国内専念へ、有馬参戦は明言せず

昨年の年度代表馬ジェンティルドンナ(牝4歳、栗東・石坂)の今秋のローテが8日、発表された。天皇賞・秋(10月27日・東京)から始動し、ジャパンC(11月24日・東京)連覇を目指す。セレクトセールに訪れていた石坂師が明らかにしたもので、登録していた凱旋門賞は自重することになった。

 「オーナーサイドとの協議で決まりました。タラレバにはなるが、宝塚記念を勝てなかったですからね。国内に専念します」と石坂師は海外遠征を断念した理由を説明。有馬記念(12月22日・中山)参戦については「まだ、先のことは考えられません」と明言を避けた。

 宝塚記念3着後は栗東トレセン近くのノーザンファームしがらきに放牧中。改めて国内制圧を成し遂げて、存在感をアピールする構えだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130709-00000023-dal-horse

イメージ的にロンシャンは合わない感じがしますもんね
天皇賞・JCは最有力候補になりそうです
PR
★競馬に100%や絶対と言う事はありませんので、当たり外れは当然発生してしまいます。
ファンファーレは過去実績で安定した的中結果をだしております。ぜひ無料サービスをご利用ください。

★入会金や年会費等に料金は発生しますか?
入会金・月会費・手数料等、固定料金は一切発生しません。

無料情報を大量GET

土日合計10レース!

無料でプラス収支




posted by マーク2 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。